バレずに!秘密で!内緒にしながら専業主婦がお金を借りるなら

 

専業主婦は消費者金融でお金を借りようとしても総量規制対象となっているので1円もお金を借りることが出来ません。総量規制とは、その人の年収の3分の1までしかお金を貸し出すことが出来ないという貸金業法で定められた規制です。ですので専業主婦は自ら収入を得ていないので、お金を借りることが出来ません。

 

しかし専業主婦は、お金をどこからも借りることが出来ないのかというと決して、そういう訳ではなく銀行系カードローンは利用することが出来ます。

 

2010年の6月から施行されている総量規制は銀行系カードローンを含めた一般的な銀行などからの借り入れやクレジットカードのをショッピング枠を利用した買い物、事業用の資金として個人の借り入れや不動産を購入するための借り入れ、自動車を購入したときの自動車を担保にした借り入れなどは総量規制対象から外れることになるからです。

 

信用金庫や銀行、労働金庫、農協などは貸金業法の適用となる貸金業ではないため年収の3分の1以上の金額でもお金を貸し出すことが出来ますが、労働金庫や農協などは審査のスピード化が図られていないので借り入れたお金を手に入れるのに時間がかかります。

 

信用金庫や銀行系カードローンならば、専業主婦の方でも最短の場合申し込んだその日の内に審査の結果が出て、その日の内にお金を貸し出してもらえる所も存在するのです。

 

銀行系カードローンは専業主婦が利用出来る総量規制対象外なだけではなく、金利も低く、収入証明書の提示も借り入れ上限金額が100万円以下の場合は必要がないなど、消費者金融より色々なメリットがあることから、銀行系カードローンに申し込むという方が毎年増えてきています。

 

銀行によっては借入上限金額が100万円を超えても300万円以下ならば収入証明書を必要としない所もあるのです。まず専業主婦の方が銀行系カードローンを利用してお金を借りる場合は、その銀行の銀行口座を開設しておくと手続きがスムーズになります。

関連ページ

会社員・公務員が利用するべきカードローンとは
会社員や公務員が利用するべきカードローンは銀行系カードローンなのか、消費者金融なのかなど、会社員や公務員が利用しやすく金利が安く融資を受けられる方法をお伝えします。カードローンでお金を借りるなら必見情報です!
年金受給額低め…年金受給者がお金を借りるなら
年金受給額が低く、アルバイトなどで工面しているものの、年金受給者がお金を借りることはできるのでしょうか。またアルバイトをしていない年金受給者でもお金って借りられる?不安を解消してお金を上手に工面しましょう!
自営業で年金や税金が心配ならカードローンで解決!
自営業の場合、日々の生活費や将来の年金、税金等が心配になりますよね。不安を解消するためにカードローンを利用してみてはどうでしょうか。カードローンなら自営業者でも利用ができ、お金を借りることができます。自営業者が金利の安い安全なカードローンを利用する為の解決策を紹介します。
バイト&パートがお金を確実に借りるには
アルバイトやパートの人がお金を借りるには、アルバイト、パートでも利用できる商品を選んでください。お金を安心して借りるには銀行や消費者金融がおすすめです。低金利でアルバイトやパートでも借りることができるノウハウを紹介します。
派遣・契約社員が審査の通りやすいカードローン
派遣や契約社員の場合、在籍確認がうまくいかないかも、と心配になったり、正社員とは違い収入に安定も少ないのでカードローンやキャッシングの審査は難しいかと思う人が多くいますが、カードローンは利用ができます!審査に通りやすくなるコツなどを紹介します!
親バレなし!安心して学生がお金を借りるなら
学生がお金を借りる場合、親バレが心配ですよね。親にバレないで安心&安全にお金を借りることができる方法や必要な知識等を紹介します。闇金融等に騙されずに、賢く借入する知識をしっかりつけて、学生でも安全に借りられる方法を知りましょう!
騙されずに安心して外国人がお金を借りる方法
日本語が少ししかできないけど、お金が必要なので借りたいと考えている外国人に、わかりやすく日本でお金を借りる方法を紹介します。日本語がわからないから騙されてしまうのではないかと悩んでいる外国人の方必見です!
水商売などの夜職が安全にお金を借りる方法
水商売などの夜職の方は大手消費者金融や銀行からお金を借りにくいと考えてしまいがちですが、実際は、ちゃんとした大手消費者金融からもカードローンんなどでお金を借りることができます。夜職ならではの在籍確認などの悩みを解決しながらお金を借りるノウハウを知りましょう!