自営業のカードローン活用法

〜税金等の各種支払いの手助けに!〜

 

個人事業主ほどお金を借り入れしたい職業はないかもしれません。多くの人の場合は仕入れなどに自分でお金を用意する必要があり、その用意できる金額で、出来る仕事の規模も決まってしまうために。少しでも多くのお金が必要だからです。

 

もちろんすべての自営業の人がそういうわけではありませんし、個人事業主とってもフリーランスなだけの人には関係ない感覚でもあります。そこで消費者金融から手軽にお金を借りる場合を考えてみましょう。

 

ほとんどの消費者金融は個人事業主でも自営業でも、あるいはフリーランスでもお金を貸してくれます。しかし貸してくれるのは事業資金を除くことになっています。

 

これは消費者金融の制限で本来事業資金を借りる仕組みではないからです。ですから借り入れできるお金は生活費やレジャー費だけということになります。あとは普通の勤め人と同じです。

 

しかし実際には少し難しいと考えていいでしょう。特にお店も構えていない個人事業主の場合には本当に営業実態があるのか確認しにくいからです。また起業してからどのくらい経っているかも極めて重要です。サラリーマンでも就職してから2カ月以内というのは大変厳しいのですが、自営業の場合には起業から2年はたっていないと厳しいと考えていいでしょう。

 

逆に言えば特に法人になっていなくても独立してから長く営業していればそれなりの信用があるということです。この様に重要なのは信用です。この為に特定のクライアントがあれば、そこに確認の電話があることもあります。そういう取引先を教えてほしいと頼まれたときに答えないと不利になるかもしれません。

 

一応消費者金融だと名乗って確認の電話を入れるわけではないので、気にする必要はないかもしれませんが、気になる様ならやや不利ですがクライアントは教えないという選択もあります。それからもちろん住居と別に店舗や事務所がある方が有利です。自営業でもすでに借り入れがあるわけでもなければ簡単に借り入れできます。

 

確かに金利は高いですが手軽に借りられるのはメリットです。

関連ページ

会社員・公務員が利用するべきカードローンとは
会社員や公務員が利用するべきカードローンは銀行系カードローンなのか、消費者金融なのかなど、会社員や公務員が利用しやすく金利が安く融資を受けられる方法をお伝えします。カードローンでお金を借りるなら必見情報です!
専業主婦が秘密でお金を借りるなら
専業主婦はなるべく秘密にしてカードローンやキャッシングを利用したいですよね。家族や旦那だけではなく近所の目も避けたいものです。専業主婦がバレずに内緒でお金を借りるならどうしたらよいのか等のノウハウを紹介します!
年金受給額低め…年金受給者がお金を借りるなら
年金受給額が低く、アルバイトなどで工面しているものの、年金受給者がお金を借りることはできるのでしょうか。またアルバイトをしていない年金受給者でもお金って借りられる?不安を解消してお金を上手に工面しましょう!
バイト&パートがお金を確実に借りるには
アルバイトやパートの人がお金を借りるには、アルバイト、パートでも利用できる商品を選んでください。お金を安心して借りるには銀行や消費者金融がおすすめです。低金利でアルバイトやパートでも借りることができるノウハウを紹介します。
派遣・契約社員が審査の通りやすいカードローン
派遣や契約社員の場合、在籍確認がうまくいかないかも、と心配になったり、正社員とは違い収入に安定も少ないのでカードローンやキャッシングの審査は難しいかと思う人が多くいますが、カードローンは利用ができます!審査に通りやすくなるコツなどを紹介します!
親バレなし!安心して学生がお金を借りるなら
学生がお金を借りる場合、親バレが心配ですよね。親にバレないで安心&安全にお金を借りることができる方法や必要な知識等を紹介します。闇金融等に騙されずに、賢く借入する知識をしっかりつけて、学生でも安全に借りられる方法を知りましょう!
騙されずに安心して外国人がお金を借りる方法
日本語が少ししかできないけど、お金が必要なので借りたいと考えている外国人に、わかりやすく日本でお金を借りる方法を紹介します。日本語がわからないから騙されてしまうのではないかと悩んでいる外国人の方必見です!
水商売などの夜職が安全にお金を借りる方法
水商売などの夜職の方は大手消費者金融や銀行からお金を借りにくいと考えてしまいがちですが、実際は、ちゃんとした大手消費者金融からもカードローンんなどでお金を借りることができます。夜職ならではの在籍確認などの悩みを解決しながらお金を借りるノウハウを知りましょう!